1. トップページ
  2. DXコラム
  3. 【人事DX】まずはここから!3つのステップで始める自社のDX

【人事DX】まずはここから!
3つのステップで始める自社のDX



DX研修 まとめページはこちら
https://www.insource.co.jp/kenshu/digital-transformation-top.html


経済産業省では、DXについて、以下のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、(A)データとデジタル技術を活用
して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革する
とともに、業務そのものや、自社、プロセス、企業文化・風土を変革し、
(B)競争上の優位性を確立すること」


今回は、(A)と(B)がポイントとなります。

出所:厚生労働省「DX推進ガイドライン」P.2
https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004.html

では、人事部門でどうやってDXを進めていけばいいのか?という点について、
3つのステップでご案内していきます。

(1)まずは人事担当者がITリテラシーと業務改善スキルを身につける

「そもそもDXは何なのか」「ITツール・AI・RPAはどんなことができて、
どのような業務に導入できるものなのか」といったITリテラシーを、まずは人事
担当者が身につける必要があります。

ITリテラシーとは、ITの機能や活用例を知り、業務の課題解決に有用なITを
選定・活用することを指します。

人事業務では、年末調整をはじめ、紙を使ったアナログ業務がまだ多く残って
いる会社様も多いかと存じます。
たとえば勤怠管理や各種申請などの業務フロー図を作成し、作業効率化のための
ツールを選定する
、ということもDXにつながる取り組みのひとつです。

特に自部署の業務の全体像を把握している管理職には、実際に改善策を具体的に
考え、経営層に提言できるようになることが求められます。
そのためには、最初に「システム・IT理解研修」を受講して、業務でITを
活用するための考え方をつかむことをお勧めします。


おすすめの研修
・システム・IT理解研修
https://www.insource.co.jp/bup/bup_system-understanding.html
・ビジネス活用のためのRPA研修~RPA導入のための一歩を踏み出す
https://www.insource.co.jp/bup/bup_business_robotic1.html
・業務削減研修~自動化(RPA)に向けて業務フローを見直す
https://www.insource.co.jp/bup/businessflow_rpa.html


(2)実際にシステムを活用してみる

人事部門の業務は半自動化・システム化できるものが多いため、たとえば給与
計算など、単純作業かつ作業時間が長いものに関しては、すでにシステム化して
いる会社様が多いかと存じます。
同じ内容を繰り返したり、一度に処理したりすることはITツールの得意とする
ところでもあります。

また、人事部門の業務は正確性が問われることも多いため、ITツールの活用を
積極的に考えたい分野です。
ExcelやRPAを組み合わせてシステムを組み上げるのか、他のITツールを使うのか、
自社の状況にあわせて検討が必要です。


おすすめの研修
・ビジネス活用のためのRPA研修~RPA導入のための一歩を踏み出す
https://www.insource.co.jp/bup/bup_business_robotic1.html
・(中上級者向け)Microsoft office研修~Excelマクロ・VBAを活用する編
https://www.insource.co.jp/bup/bup_excel_bva.html
・長文作成のためのWord研修~変更に強い仕様書・報告書・マニュアルを作成する
https://www.insource.co.jp/bup/bup-word-format.html


(3)採用・教育・評価・資格など、人に関するデータを分析する

人事評価、人事異動、採用、教育など社内で取り扱う情報は可視化し、データは
蓄積している企業がほとんどでしょう。
そうして蓄積されたデータを分析し、活用することで、教育計画や人材配置を
効率化・適正化することや、ハイパフォーマーを見つけ出すといったことも可能
になるでしょう。
また、「〇〇研修は売上向上に貢献するか」といったことも、定量的な根拠を
もとに意思決定ができ、人事担当者の負担を大いに軽減することができます



おすすめの研修
・ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ
https://www.insource.co.jp/bup/bup_business_data_analysis.html
・情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編
https://www.insource.co.jp/bup/bup_jyouhou.html
・ビジネス活用のためのAI・人工知能研修
https://www.insource.co.jp/bup/bup_artificial_Intelligence.html


(4)インソースがご提供可能なサービス


インソースでは、業務の効率化や社員教育教材として活用できるさまざまな
サービスをご用意しています。
自社の特性にあわせたご提案も可能です。

・人事DX研修・ソリューションサービス
https://www.insource.co.jp/kenshu/dx-human-resources.html
インソースのおすすめDXソリューションサービスを纏めて紹介しております。

・Leaf~人事サポートシステム
https://www.insource.co.jp/it-tool/kenkanrisys_top.html
"次世代型"LMS「Leaf」はコスト削減と、教育充実化の両方を実現できます。
一般的なLMSは、eラーニング・通信教育だけを管理するシステムであることに
対し、LeafはLearning Management Systemの名の通り、人材育成・教育全体を
管理するシステムです。

・IEYASU~クラウド型勤怠管理システム
https://www.insource.co.jp/new-service-lineup/ieyasu-top.html
クラウドの勤怠管理システムです。「勤怠を紙やExcelで管理していて、毎月の
締め作業が大変」「現在運用している勤怠システムが古い。導入・運用コストを
抑えて乗り換えたい!」「残業時間がなかなか減らない。従業員の勤務状況を
見える化し、業務効率化につなげたい」などのお悩みにおすすめです。


※本記事は2021年10月27日現在の情報です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

お電話でのお問合せ

03-5577-3203

PAGE TOP