1. トップページ
  2. DXpediaⓇ
  3. PC操作を劇的に早めるコツ ~ファイルに名前をつけるとき~

2023.04.07

2023.12.26

PC操作を劇的に早めるコツ ~ファイルに名前をつけるとき~

※この記事内容は

文字で構成されています。
PC操作を劇的に早めるコツ ~ファイルに名前をつけるとき~

ファイルの並びは辞書順・番号順

エクスプローラでフォルダを開いたときに、ファイルが一覧表示されますが、どのような順序で並べられているかご存じでしょうか。
少し粗い言い方をすると、辞書順番号順で並んでいます。より具体的には、以下のように並んでいます。(厳密には、多少入り交じるところがあります)

半角記号

半角数字の番号順、英字のアルファベット順

全角記号

全角数字の番号順、英字のアルファベット順、ひらがな、カタカナ、漢字

かつてはこのような並び順でしたが、最近の Windows はかなり高機能で、厳密には辞書順ということではありません。ファイル名先頭の数字については、半角・全角を問わず、数字の小さい順に並ぶようになっています。

よって、日付順・番号順に並べ替えるときには、ファイル名の先頭に数字を含めるようにすると、好きな順番で並べ替えることができます。

※全角数字と半角数字を混在させると文字幅が異なるために見にくくなるので、極力、半角数字にしておくのが無難です。

日本語のファイル名の並びは「音読み」順

今回のDXpediaで特に覚えていただきたいのは、日本語のファイル名の並び順です。

結論から言えば、「音読み」の順に並んでいます。「音読み」とは、端的にいえば「音」による読み方のこと。「研修」の「研」であれば、「けん」が音読みになります。

よって、フォルダ内の所定のファイルを探す場合には、ファイル目の頭文字を音読みの順に見ていくと、早く見つけることができます。

※ちなみに、フォルダを開いたときだけでなく、Excel でセルを並べ替えたときも音読みの順になりますし、マニアックですが、Office ソフトのリボンやクイック アクセス ツールバーに追加するコマンドを選ぶときも音読みの順になります。
なお、「辞書順」とはお伝えしたものの、正しくは、「ASCII」「Shift-JIS」「Unicode」などの文字コード順になります。

ファイルの並べ替えに使うのであれば、
半角英数字を使う

エクスプローラが上記のような特性を持っていることを理解していれば、ファイルの並べ方・整理方法も、見やすいようにある程度コントロールすることができるようになります。

ここでお伝えした内容に基づくと、「日本語、とくに漢字で始まるファイル名は、整列に使いにくい」「好みの順にファイルを並べるときは、並べたい順に番号をファイル名につける」です。

※本記事は2023年12月26日現在の情報です。

おすすめ公開講座

関連ページ

本セミナーでは、DXとは何か、DXの活用事例をご紹介し、DX人材の育成のためのリアルステップをお伝えいたします。本セミナーが皆様にとりまして、DXを活用しイノベーションを起こすための一助となれば幸いです。

似たテーマの記事

DXpedia記事

DXpedia記事

DXpedia記事

DXpedia記事

2024 SUMMER

DXpedia® 冊子版

「ChatGPT時代」をテーマにDXpedia®で人気の記事を冊子にまとめました。プロンプト例を交えた解説や、様々な場面での活用法をご紹介しています。生成系AIの特性を正しく理解し、ひとりの優秀な部下にしましょう。

Index

  • 冊子限定

    プロンプトでAIをあやつる~前提や体裁を正しく指示して完成度UP!

  • 冊子限定

    AIそれはデキる部下~インソースグループの生成系AI研修

  • 冊子限定

    AIと作る表紙デザイン~生成系AIを有能なアシスタントにしよう

  • 冊子限定

    【コラム】白山から宇宙へ~未来を切り拓くSX(

  • 冊子限定

    DXpediaⓇ人気記事

2023 AUTUMN

Vol.12 今日からはじめるDX

Vol.12は「中堅・成長企業でのDXの進め方」がテーマです。他社リソースを上手に活用するために身につけたい「要求定義と要件定義」を解説しました。 2人の「プロの目」によるDXの取組みへのヒントに加え、身近なアプリではじめるDXを活用事例とともに紹介します。DXお悩みQ&Aでは、中小・成長企業特有の事例を取り上げました。DXをはじめるなら「今」です。

Index

2023 SPRING

Vol.11 DX革命 第二章~着手から実践へ

vol.4の続刊であるVol.11は「DX革命の実践」がテーマです。 本誌の前半ではDXの課題を4段階に整理し、各段階の解決策である研修プランを掲載しています。 後半では弊社が研修を通じてDXを支援した、各企業様の事例と成果を紹介しています。自社のDX実践に際して、何がしかの気づきを得られる内容となっています。

Index

2020 WINTER

Vol.04 DX革命

Vol.04はDX推進のための効果的な手法がテーマです。DXは喫緊の経営課題である一方、IT人材不足や高いシステム導入コストにより実現が難しいと捉えられがちです。そこで本誌では、今いる人材で低コストに推進するDXについてご紹介しております。

Index

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

お電話でのお問合せ

03-5577-3203

PAGE TOP