1. トップページ
  2. DXコラム
  3. 【コラム】ITエンジニアが教える「PC操作を劇的に早めるコツ」~設定を変えてマウスカーソルを画面の端から端まで一気に移動させる

【コラム】ITエンジニアが教える「PC操作を劇的に早めるコツ」
~設定を変えてマウスカーソルを画面の端から端まで一気に移動させる

こんにちは。株式会社インソースデジタルアカデミーの川崎でございます。

このコラム「ITエンジニアが教える」シリーズでは、インソースグループでもっともPC操作が早いと自負する私が、どのように操作しているかご紹介いたします。

今回からは、マウスにまつわる操作のコツです。

(1)マウスを浮かせて操作していませんか?

画面上でスタートボタンや「(ウィンドウを)閉じる」ボタンなど、画面端にあるボタンをクリックするときに、マウスカーソルを画面の端から端まで移動させることが多いと思います。

そのときに、マウスカーソルが画面端まで移動できずに、マウスを浮かせて、再度カーソル移動をさせているケースがあるのではないでしょうか。

これで慣れている方はマウスを浮かせていること・マウスが机に接したときの音など、気になっていないかもしれません。あらためて、ご自身あるいは周囲の方の操作をご覧になって、マウスを浮かせて操作していないか確認してみてください。

マウスを浮かせると音がして、周囲の人の集中力をそぐことはもちろんですが、思い通りの操作がすぐにできないという観点では、やはり効率化したい操作になります。

そこで今回は、マウスを浮かせずに画面の端から端までマウスカーソルを動かすためのテクニックをご紹介いたします。

(2)やりかた

① スタートメニューを右クリックして、「設定」をクリックします

説明図

② 「Windowsの設定」ウィンドウが開きます

この中から、「デバイス」をクリックします。

説明図

③ 「Bluetoothとその他のデバイス」画面が表示されます

左側のカテゴリから「マウス」をクリックします。

説明図

④ 「マウス」の設定画面が開きます

右側の「関連設定」にある「その他のマウス オプション」をクリックします

説明図

⑤ 「マウスのプロパティ」ウィンドウが表示されます

タブの「ポインター オプション」を選択します

説明図

⑥ 「ポインター オプション」のタブの内容が表示されます

カテゴリ「速度」の中の「ポインターの速度を選択する」の下部にあるスライダーを、「速く」の方向に寄せてしまいます。

説明図
                 ↓
説明図


「適用」ボタンを押さずとも、これでマウスが早くなっているはずです。マウスを動かして確かめてみてください。

※私見ですが、最初はマウスカーソルの動きが速く感じられるかもしれませんが、慣れればむしろ少し遅いくらいに感じるようになります。しばらく使ってみて、それでも速く感じられるようであれば、少し遅くするなどして調整することをオススメします。

なお、「加速度」という名前の通り、マウスをゆっくり動かせばマウスカーソルは少ししか動きません。逆に、マウスを速く動かせば、マウスカーソルの移動量は増えます。

したがって、マウスカーソルを画面の端から端まで移動させたい場合には、マウスを速く動かせば、マウスを浮かせることなく移動することができるはずです。

ただ、デュアルディスプレイなど、広い画面・広いデスクトップにしている場合は、これでも移動距離が物足りないと思います。その際は、マウスのメーカーが提供している設定ソフトを使うことで、さらにマウスカーソルの動きを速めることができます。


いかがでしたでしょうか。

「マウスカーソルの移動」という、頻繁に行う操作であるからこそ、効率化できたときの効果は大きくなります。ぜひ「速いマウスカーソル」を使いこなせるようになっていただければ幸いです。




※本記事は2020年01月22日現在の情報です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

お電話でのお問合せ

03-5577-3203

PAGE TOP