1. トップページ
  2. DXpediaⓇ
  3. pipコマンドの事前確認

2023.11.14

2023.12.12

pipコマンドの事前確認

※この記事内容は

文字で構成されています。
pipコマンドの事前確認

「pipコマンド」というコマンドの動作確認を行います。
事前にチェックすることで研修中に起こりやすいエラーを未然に防ぐだけでなく、ご自身のPCにPythonが正常にインストールされているかを確認することができます。

pipコマンドとは?

pipコマンドとはPythonをより高機能にする拡張機能を管理するためのコマンドです。
今回動作確認でインストールするrequestsライブラリとはPythonでWebページの情報を扱えるようにするための拡張機能です。

1. コマンドプロンプトの起動

  1. デスクトップ上でキーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に入力します。
  2. 「ファイルを指名して実行」というウィンドウが開くので、「cmd」と入力して「OK」をクリックしてください。
  3. 「コマンドプロンプト」が起動します。
コマンドプロンプトの起動 完了

2. requestsライブラリのインストール

requestsライブラリとは?

pipコマンドでインストールできる拡張機能の1つで、インストールすることによりPythonがWebページから情報を取得できるようになります。
  1. 先ほど起動したコマンドプロンプトに「pip install requests」と入力し「Enter」を押します。
  2. インストールが始まり、最後に「Successfully installed requests-○○○○」が表示されたら成功です。

【エラーが出た場合】

pipコマンドを認識しない

Pythonが正常にインストールされていない、またはPythonのインストール時に「PATH」のチェックがうまく反映されていなかった可能性がございます。
Pythonのインストール方法をご参考いただき、再度インストールの設定をお願いいたします。

「Successfully installed requests-○○○○」の表示は出たが、下記の様な黄色文字が出た。

「pipの最新バージョンがあります」という表示です。
※アラートに示されたコマンドでアップデートができますが、ライブラリが最新バージョンに対応していなかった場合にうまく動作しない場合がありますのでご注意ください

requestsライブラリのインストール 完了

3. requestsライブラリのアンインストール

正常に「pipコマンド」が動作し、requestsライブラリがインストールされたら動作確認は完了です。 requestsライブラリは研修の後半まで使用しませんので、一度アンインストールします。

  1. コマンドプロンプトに「pip uninstall -y requests」を入力し「Enter」を押します。
  2. 「Successfully uninstalled requests-○○○○」と表示が出たら完了です。

【操作を続行するか確認する文言:Proceed(y/n)?が表示された場合】


  1. 削除するかどうか確認する文言「Uninstalling requests-○○○○ Would remove:~」が表示されますが、続行する場合「y」を入力して「Enter」を押してください。

  2. 「Successfully uninstalled requests-○○○○」と表示が出たら完了です。
requestsライブラリのアンインストール 完了

以上、pipコマンドの事前確認でした。

※本記事は2023年12月12日現在の情報です。

関連ページ

デジタル技術が進展し、AIやデータ分析等デジタル技術をビジネスで活用し、業務を変革していくDXが活発になっています。 当社ではデジタル人材育成に必要なプログラミング言語の研修をスキルレベルに応じ幅広くご用意しております。

2023 AUTUMN

Vol.12 今日からはじめるDX

Vol.12は「中堅・成長企業でのDXの進め方」がテーマです。他社リソースを上手に活用するために身につけたい「要求定義と要件定義」を解説しました。 2人の「プロの目」によるDXの取組みへのヒントに加え、身近なアプリではじめるDXを活用事例とともに紹介します。DXお悩みQ&Aでは、中小・成長企業特有の事例を取り上げました。DXをはじめるなら「今」です。

Index

2023 SPRING

Vol.11 DX革命 第二章~着手から実践へ

vol.4の続刊であるVol.11は「DX革命の実践」がテーマです。 本誌の前半ではDXの課題を4段階に整理し、各段階の解決策である研修プランを掲載しています。 後半では弊社が研修を通じてDXを支援した、各企業様の事例と成果を紹介しています。自社のDX実践に際して、何がしかの気づきを得られる内容となっています。

Index

2020 WINTER

Vol.04 DX革命

Vol.04はDX推進のための効果的な手法がテーマです。DXは喫緊の経営課題である一方、IT人材不足や高いシステム導入コストにより実現が難しいと捉えられがちです。そこで本誌では、今いる人材で低コストに推進するDXについてご紹介しております。

Index

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

お電話でのお問合せ

03-5577-3203

PAGE TOP